Googleフォームでメンバーの体温管理

Googleフォームでメンバーの体温管理

こんにちは

新型コロナウィルス(COVID-19)対策として、朝イチの体温をGoogleフォームでメンバーの方々に入力してもらってGoogleスプレッドシートで管理しちゃいましょう。

Googleアカウント

Googleアカウント(gmailアドレス)さえ持っていれば、GoogleフォームもGoogleスプレッドシートも、後述するGoogle Apps Scriptも無料で使えます。

企業で導入したい方はG Suite、教育機関で導入したい方はG Suite for Educationを利用された方が後々便利かもしれません。

Googleフォームの作成

まずは、GoogleアカウントのGoogleドライブにアクセスして「新規」をクリックします。

表示されるメニューの「その他」→「Googleフォーム」を選びます

「タイトルと」「1件目の質問(名前)」をこのように入力して

「2件目の質問(体温)」をこのように入力して

画面右上の歯車「設定」を押して

設定の「全般」と「プレゼンテーション」を以下のように設定して保存します

右上の「プレビュー 」で試してみます

フォームに入力してみます(テストなので今は名前は「オプション1」でいいです)

「送信」を押して

「回答を編集」を押して今の回答を再度編集できることを確認します

プレビューのフォームを閉じて、フォームの作成画面の「回答」画面の「スプレッドシート」ボタンを押して回答収集用のスプレッドシートを作成します。

このようなスプレッドシートができます

フォームの「名前」のプルダウン用の名前のリストを作成

「体温管理(回答)」のスプレッドシートに「リスト」というシート名でシートを作成して名前のリストを入力します

名前のリストからフォームの質問1のプルダウンのリストを作成するGoogle Apps Script

こちらの記事を参考にしました
【Google Apps Script(GAS)】Googleフォームのプルダウンリストに、スプレッドシート上からデータ反映させる

Googleドライブの画面から「新規」→「その他」→「Google Apps Script」を選びます

Google Apps Script のプロジェクト名を「namelist」など(自由)にして、以下のコードで上書きします

function getList() {
var ss = SpreadsheetApp.openById("[スプレッドシートのID]");
var sh = ss.getSheetByName("リスト");
var last_row = sh.getLastRow();
var list = sh.getRange(2,1,last_row - 1,1).getValues();
var formid = "[フォームのID]";
var form = FormApp.openById(formid);
var items = form.getItems();
var item = items[0];

item.asListItem().setChoiceValues(list);

}

[スプレッドシートのID]と[フォームのID]を、今まで作成してきた回答用のスプレッドシートと、GooogleフォームのIDにします(IDは何を入力すればいいかは、参考にした上記記事参照)

Google Apps Scriptを実行します

フォームのプルダウンリストが変更されています

Google Apps Scriptを使うことで、多少メンバーの人数が多くてもフォームのプルダウンリストへの入力を自動化できて簡単にフォームが作成できます。

以上です

体温管理をしっかりして、コロナにうちかちましょう!

I accept the donation of Cryptocurrency

BTC:3G3ZgRQ2SCLUSGjBVXctn4UyvYXWZx4iTx
ETH:0xc13d33e6450f6243eb6c7aefda1d4a9c447a9d9e

Googleカテゴリの最新記事