GarageBandでの作曲入門の入門

 GarageBandでの作曲入門の入門

最近iPhoneに最初からついているDAWアプリ「 GarageBand」で曲を作って遊んでいます。

FullSizeRender

このアプリ、直感的に操作して曲作りが出来るのと、「LiveLoops」と呼ばれるイケてるリズム体がかなりなパターン用意されているので、メインのメロディさえ浮かべば(浮かんでなくても)そこそこ聴きごたえのある楽曲が出来上がってしまうという優れたアプリなのです。
細かい使い方は、沢山ブログ書いてる人がいるのでその方々に任せるとして、私の曲の作り方を紹介します。
まずはアプリを開くと
IMG_2212
こんな画面が開くので、まずは上のLIVE LOOPSを選んで自分の作りたい曲のイメージに合ったLoopを選びます
IMG_2213

IMG_2215
選んで4小節録音したら、キーボードパートを入力します。
IMG_2212
ここで、左下のスマートキーボードを選ぶと
IMG_2216
こんな画面になって、コードの音の入力が簡単になります。
また曲によってはこのキーボード画面の右上右から三番目の音符マークを押して
IMG_2217
IMG_2218
スケールに合わせたキーボードを表示します。
IMG_2219
先のスマートキーボードかこのスケールキーボードでキーボードパートを入力するとまず間違いのない曲が出来上がります。
必要に応じてアルペジエータなども利用します。
IMG_2220
入力していくとなんとなく出来上がってきます。
キーボードの音色やライブループの音色を変更して自分の曲のイメージに近づけていきます。
こんな感じで作った曲がこちらです。
https://nana-music.com/playlists/2030005/
nanaに上げるために90秒以内で作りました。
GarageBandからは直接nanaに楽曲共有の形で投稿ができるので便利です。
https://nana-music.com/blogs/2017102401/
もちろん GarageBandからSoundCloudなどにも共有の形で投稿できます。
IMG_2221

ネットでトーク配信する時のBGMとかは、著作権とか一切気にしなくていいGarageBandで自作した曲を流してみませんか?
オーディオを GarageBandから録音して楽曲ファイルにするには楽曲リストから共有を使います。
IMG_2222
次の画面で曲を選んで

IMG_2223
せっかくなので非圧縮のWAV形式のファイルを作りましょう
IMG_2224
次の画面の下側のappstoreのマークを押して
IMG_2226
次の画面のファイルに保存を選んで
IMG_2227

Googleドライブとかに入れておくと、後でPCで扱いやすいです。

IMG_2225

参考まで。

音楽カテゴリの最新記事