Googleトレンドによる採点や動画や各社SNSサービスの検索数の比較

NO IMAGE

Googleトレンドを使ってまたいろいろ調査してみました。

注)検索キーワードはGoogle Adwordsに登録されている検索ワードの組み合わせを選んで用いています。オプションで、国は「日本」を指定して、検索カテゴリーとして「アート・エンターテインメント」のフィルターをかけています。

Google トレンドで「うたスキ, DAM とも, DAM とも 動画, うたスキ 動画」の 人気度の動向 を見る

https://trends.google.co.jp/trends/explore?cat=3&date=all,all,all,all&geo=JP,JP,JP,JP&q=%E3%81%86%E3%81%9F%E3%82%B9%E3%82%AD,DAM%20%E3%81%A8%E3%82%82,DAM%20%E3%81%A8%E3%82%82%20%E5%8B%95%E7%94%BB,%E3%81%86%E3%81%9F%E3%82%B9%E3%82%AD%20%E5%8B%95%E7%94%BB&hl=ja&tz=-540 



「うたスキ」も「DAM とも」も同じくらい活発に検索されているようです。(ちなみにDAM☆ともを検索ワードにするとGoogleトレンドでは結果が表示されませんでした)

「うたスキ 動画」の検索は結構活発に行われていますが、「DAM とも 動画」の検索はほぼ0に近い状態で推移しています。。。これは「DAM☆とも」の「☆」などの記号を含んだワードがGoogle Adwordsの検索ワードとして登録されていない状況にも問題があると思いますし、検索ワードとして3語の組み合わせになってしまうのにも問題はあると思います。検索時に「☆」を省略する方も多いと思うので、ちょっとネーミング的にWeb検索の検索ワードとして適切でないように思っています。「DAMとも 動画」などいろいろ検索ワードを変えて結果を見てみましたが、有意な結果を導くのがちょっと難しい状況です。

「うたスキ 動画」に関しては、やはり本格的なサービスが始まった少し後の頃のcrossoの頃が最も盛り上がってたのかなと思います。多分動画のヘビーユーザーさんの視点ではf1の頃のほうが交流も増えて盛り上がった感じがしたと思いますが、動画を撮影した総人数を考えると多分圧倒的にcrosso時代が多かったのではないかと思っています。この検索数のグラフはそんな状況を反映したものだと思っています。

Google トレンドで「JOYSOUND 採点, DAM 採点」の 人気度の動向 を見る

https://trends.google.co.jp/trends/explore?cat=3&date=all,all&geo=JP,JP&q=JOYSOUND%20%E6%8E%A1%E7%82%B9,DAM%20%E6%8E%A1%E7%82%B9&hl=ja&tz=-540



「DAM 採点」の結果は「JOYSOUND 採点」に対して平均約3倍の検索数で推移していて、さすが「採点はDAM」と言われるだけのことはあります。検索結果に採点の人気度が表れています。
ただ一般に認知されすぎたせいなのか人気がかげってきたのか、ここ最近の「DAM 採点」の検索数は右肩下がりです。
「JOYSOUND 採点」はf1の全国採点onlineの頃の盛り上がりが検索結果にしっかり現れています。全国採点GP開始で検索数は下がりましたが、また最近にかけて右肩上がりになってきています。

以上、Googleトレンドで調査してみました。

みなさんもご自分でいろいろ検索ワードを変えて調査してみると、いろんなものが見えてくるかと思います。是非お試しを。

過去のGoogleトレンドでの調査の記事はこちらです。
http://www.telomere0101.site/archives/73547587.html

Googleトレンドカテゴリの最新記事