JOYSOUNDの次期採点とボーカルアシスト(CeVIO)について

NO IMAGE

ボーカルアシストさんがおかしな感じで歌唱ガイドしてるのみなさん結構知ってますよね?

・漢字の音訓の読みを間違えてる
・「てゅ」などの音を「テュ」じゃなく「て・ゅ」みたいに発音する
・英語に弱い
これだけじゃないですけどかなり変な感じです。
まあボーカルアシスト使わないしって思うかもしれませんが、仮にJOYSOUNDの次期機種に原曲基準の採点が採用されたら大問題なのです。
JOYSOUNDの次期採点は、大雑把に言うと原曲の楽譜通りにボーカルアシストに歌わせたもの(Aとします)と原曲のアーティストが歌ったもの(Bとします)の差分(Cとします)のCを採点基準データとして持ちます。
ユーザーが採点で歌う場合はユーザーが歌ったもの(Dとします)のAとDの差分(Eとします)を測定します。
そしてEとCの差で点数が決まります。
ちょっと待ってください?Aはボーカルアシストが歌ったものですよね?歌詞間違いだと波形が変わりますよね?大丈夫なんでしょうか?
しかもJOYSOUNDの次期採点は50音それぞれの波形の立ち上がりのタイミング(例えば「な」は少し立ち上がりが遅い)まで見るものらしいです。(タメなどの測定の正確性のためだと思います)
こうなってくると、ボーカルアシストさんの間違いは大問題だと思うのです。
JOYSOUNDさん、頑張ってくださいね。
まあ、あくまで公開されてる特許に基づいた話にすぎないので、次期採点は全然違うものかもしれませんが。

I accept the donation of Cryptocurrency

BTC:3G3ZgRQ2SCLUSGjBVXctn4UyvYXWZx4iTx
ETH:0xc13d33e6450f6243eb6c7aefda1d4a9c447a9d9e

カラオケカテゴリの最新記事